2010年05月12日

車3キロ引きずり死で被告「人として最低」改めて謝罪(産経新聞)

 大阪市北区梅田の交差点で平成20年10月、会社員の鈴木源太郎さん=当時(30)=を車ではね、約3キロ引きずって死亡させたとして、殺人と自動車運転過失傷害、道交法違反(ひき逃げ、無免許)の罪に問われた元ホスト、吉田圭吾被告(24)の第5回公判が11日、大阪地裁(遠藤邦彦裁判長)で開かれた。

 被告人質問が行われ、吉田被告は弁護側の質問に「人間として本当に最低なことをした」とあらためて謝罪。鈴木さんをはねた直後の心境について、「人がいるとは予想もしていなかったので、本当にびっくりしてパニック状態だった」と振り返り、「人をひきずっていることは、車の下から人が出てくるまで気づかなかった」と強調した。

 その後、吉田被告の母親が出廷し、涙ながらに謝罪。母親は「どうして止まらなかったの。止まって『大丈夫ですか』と言っていれば、みんなを苦しめなくてよかった。お母さんも人間として許せない」と吉田被告に詰め寄り、裁判長に制止される場面もあった。

 起訴状によると、吉田被告は、20年10月21日午前4時20分ごろ、大阪市北区梅田の国道176号交差点で、無免許運転で鈴木さんをはね、車の底部に巻き込んだまま約2.9キロ走行。頭蓋骨(ずがいこつ)骨折などの傷害を負わせ、外傷性ショックで死亡させたとしている。

【関連記事】
車3キロ引きずり元ホスト、殺意を否定 初公判でメモ読み謝罪
「死ぬとわかっていた」逮捕の元とび職のホスト 大阪のひき逃げ
【衝撃事件の核心】梅田ひき逃げ 特異な逃走行動と少ない証拠
未明の聞き込み、情報提供求める 大阪駅前ひき逃げ
マジメなサラリーマンが…関係者ら声震わす 大阪のひき逃げ事件

シュワブ前でも首相に怒声=警官100人、ものものしい雰囲気-沖縄・名護(時事通信)
週明けから全国的に低温か=気象庁が注意呼び掛け(時事通信)
民主・山岡氏「普天間、直接国民生活に影響ない」(読売新聞)
やまねメディカル、3割超の減益―行政処分が影響(医療介護CBニュース)
名護市長に首相「抑止力の観点から協力を」(読売新聞)
posted by セヤ タカヨシ at 21:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。