2010年05月24日

小沢氏、再び不起訴 検審再議決、焦点に(産経新聞)

 小沢一郎氏が、再度の不起訴処分となったことで、今後の焦点は「起訴相当」と議決した東京第5検察審査会の再審査に移ることになる。

 再審査は改めて告発人らの申し立てがなくても同じ検審が自動的に始める。第5検審では1回目の議決をした審査員11人のうち6人が5月で交代しており、再審査は残り5人と新たに加わった6人が行う。このうち8人以上が「起訴すべきだ」と判断した場合には、小沢氏は東京地裁指定の弁護士に強制起訴される。

 再審査で検討される証拠は、最初の審査とほぼ変わらない。ただ、小沢氏は再聴取で事件への関与を否定した調書1通を取られ、その後「検審の結論を受け、より分かりやすく、丁寧に話した」とコメントしている。「小沢氏の供述は信用できない」と議決した検審が新しい調書や、小沢氏の姿勢をどう判断するのかに注目が集まる。

 審査員のうち5月に残った5人は8月に交代することから、再議決は7月までに出される可能性もある。

 再審査の対象は平成16、17年分の政治資金収支報告書への虚偽記載だが、東京第1検審が小沢氏について19年分の虚偽記載の審査を担当しており、こちらも動きがありそうだ。

 4月27日の「起訴相当」議決後、小沢氏は東京地検特捜部からの再聴取要請にすんなり応じ、さらに衆院政治倫理審査会に出席する意向をも示した。小沢氏の態度を一変させた第5検審の判断。次は強制起訴に至る可能性もあり、これまで以上に注目されそうだ。

【関連記事】
小沢氏不起訴 信頼裏切る形式的な捜査
「政治とカネ」の悪影響回避へ 閉会急ぐ民主
小沢氏、政倫審出席は白紙に 国会会期延長せず
小沢氏、元秘書、業者…真実を語るのは誰?
小沢氏「疑惑がないこと明確にして頂いた」
中国が優等生路線に?

橋本元首相が草葉の陰で泣いている 鳩山首相の普天間対応(産経新聞)
<東京都葬>鈴木俊一さん=14日死去(毎日新聞)
小中学生に広がる「レーザー脱毛」 母娘そろってサロンに通い(J-CASTニュース)
不同意堕胎容疑の医師、子宮収縮剤を不正入手か(読売新聞)
橋本元首相が草葉の陰で泣いている 鳩山首相の普天間対応(産経新聞)
posted by セヤ タカヨシ at 19:27| Comment(14) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

神奈川県庁、水曜日と給料日は19時閉庁(読売新聞)

 松沢知事が昨年10月に全国でも先進的な取り組みとして残業の目標値をゼロに設定すると打ち出した「残業ゼロ革命」の一環として、神奈川県は19日から、午後7時以降、庁内を消灯する「19時閉庁」の取り組みを実施する。

 対象となるのは県庁の本庁4庁舎。6月までは毎週水曜日と毎月の給与支給日を「19時閉庁の日」とし、担当職員が庁内を見回って午後7時までの消灯、退庁を促す。7月には第2、4週の平日を、8月はすべての平日を、それぞれ「19時閉庁の日」として段階的に対象日を増やす。9月以降は、5~8月の取り組みの状況を検証して決める。

 宿直や事故、災害発生の対応などの業務は対象から除くが、残業がなくならない部署は庁内に公表し、改善を求めていくという。

 松沢知事は「閉庁時間を意識して業務を見直すことで、より効果的な県民サービスを提供したい」と意気込んでいるが、現場の職員には戸惑いの声も。30歳代の女性職員は「人員削減の中で、平日だけでは仕事が終わらず、土日も出勤している職員がたくさんいる。県幹部はどの程度把握しているのだろうか」と、現実の業務の厳しさを訴える。

 県県庁改革課は「全庁横断的な業務は主管する課が見直し策を検討する」としているが、50歳代の男性職員は「予算編成など全庁にまたがるような業務では、部署単位での業務効率化を求められても難しい」と話し、「具体的な業務の見直し策をトップダウンで示してほしい」との声も出ている。

三橋歌織被告「責任能力あり」=夫殺害切断、二審の再鑑定で―東京高裁(時事通信)
<囲碁>羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局(毎日新聞)
養父自殺か、遺体発見=袋詰め女性事件-大阪府警(時事通信)
京都で三船祭 船上の舞や雅楽に5万人酔いしれる(産経新聞)
キトラ「朱雀」あすから初公開 四神が初そろい踏み(産経新聞)
posted by セヤ タカヨシ at 01:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

車3キロ引きずり死で被告「人として最低」改めて謝罪(産経新聞)

 大阪市北区梅田の交差点で平成20年10月、会社員の鈴木源太郎さん=当時(30)=を車ではね、約3キロ引きずって死亡させたとして、殺人と自動車運転過失傷害、道交法違反(ひき逃げ、無免許)の罪に問われた元ホスト、吉田圭吾被告(24)の第5回公判が11日、大阪地裁(遠藤邦彦裁判長)で開かれた。

 被告人質問が行われ、吉田被告は弁護側の質問に「人間として本当に最低なことをした」とあらためて謝罪。鈴木さんをはねた直後の心境について、「人がいるとは予想もしていなかったので、本当にびっくりしてパニック状態だった」と振り返り、「人をひきずっていることは、車の下から人が出てくるまで気づかなかった」と強調した。

 その後、吉田被告の母親が出廷し、涙ながらに謝罪。母親は「どうして止まらなかったの。止まって『大丈夫ですか』と言っていれば、みんなを苦しめなくてよかった。お母さんも人間として許せない」と吉田被告に詰め寄り、裁判長に制止される場面もあった。

 起訴状によると、吉田被告は、20年10月21日午前4時20分ごろ、大阪市北区梅田の国道176号交差点で、無免許運転で鈴木さんをはね、車の底部に巻き込んだまま約2.9キロ走行。頭蓋骨(ずがいこつ)骨折などの傷害を負わせ、外傷性ショックで死亡させたとしている。

【関連記事】
車3キロ引きずり元ホスト、殺意を否定 初公判でメモ読み謝罪
「死ぬとわかっていた」逮捕の元とび職のホスト 大阪のひき逃げ
【衝撃事件の核心】梅田ひき逃げ 特異な逃走行動と少ない証拠
未明の聞き込み、情報提供求める 大阪駅前ひき逃げ
マジメなサラリーマンが…関係者ら声震わす 大阪のひき逃げ事件

シュワブ前でも首相に怒声=警官100人、ものものしい雰囲気-沖縄・名護(時事通信)
週明けから全国的に低温か=気象庁が注意呼び掛け(時事通信)
民主・山岡氏「普天間、直接国民生活に影響ない」(読売新聞)
やまねメディカル、3割超の減益―行政処分が影響(医療介護CBニュース)
名護市長に首相「抑止力の観点から協力を」(読売新聞)
posted by セヤ タカヨシ at 21:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。