2010年04月17日

無料化効果は1500億円=時間短縮、燃料費節約で-馬淵国交副大臣(時事通信)

 馬淵澄夫国土交通副大臣は12日の記者会見で、6月から高速道路の一部を無料化する社会実験によってドライバーが受ける便益は年間約1500億円に上るとの試算結果を明らかにした。2010年度予算で無料化に投じられる予算は1000億円のため、試算上は一定の費用対効果が生まれると確認されたことになる。
 無料化実験は、10年度は地方を中心とした37路線50区間が対象。国交省によると、一般道から無料となる高速道路に乗り換える自動車の走行時間の短縮や、燃料費の節約などで年間約1500億円の便益が生まれるという。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
〔用語解説〕「高速道路の無料化」
新高速料金「支離滅裂」=共産・市田氏

厚労省内と仕分け第2弾の対象は無関係―枝野担当相(医療介護CBニュース)
北海道で地震、釧路市で震度4(読売新聞)
4党が原告らに解決案提示へ=総額200億円-JR不採用問題(時事通信)
川島海荷、広末涼子「MajiでKoiする5秒前」をカバー!
<鴻臚館跡事務所火災>連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
posted by セヤ タカヨシ at 10:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。